About us


滝本 章雄(Akio Takimoto)Art Yard・JAMWORKS代表
アートディレクター/ミュージックビデオ監督
ART Lab OMMディレクター

1978年大阪出身。
成安造形大学 造形美術科 洋画・構想表現コース卒。

Art Yard informer誌の発行人/Art Yardの代表。実兄はArt Yard informer編集長。2004年にArt Yard®を兄弟で創設。

アートディレクター、ミュージックビデオ監督として関西・関東で活動。Art Yardにおいてメジャー・レコードメーカーのプロモーション・ツールの制作から海外アーティストの日本盤のジャケットデザインなど、数多くの制作を行っている。Art Yard informer誌ではエディトリアル・デザインとアート関連の特集を担い、音楽分野でもクラブ・ミュージック界の二大重鎮レーベルである NINJATUNEやWARP RECORDSのアーティストの特集を継続的に企画しており、WARP RECORDS 20周年を記念したエレクトラグライドではArt Yard informer誌の幕張メッセでの配布と、タワーレコードでのWARP20コーナーでの同時展開を行った。また、Underworld号ではArt Yardへ向けて、カール・ハイドによるアートワークが誌面に提供されることとなる。

デザインではアジカンのジャケット・アートで知られる中村祐介とのレコードメーカー用プロモツール制作、映像では少年ナイフやモーモールルギャバン『ユキちゃんの遺伝子』をバンドとの共同監督で黒澤スタジオにて制作していることで知られている。また、8ottoなどのロック・バンドのPV制作やジャケットデザイン・広告制作等もおこなっている。Art Yard®からは表紙に登場したピエール瀧の公式フォトを提供している。その一方で、具体美術協会(GUTAI)で知られる今井祝雄氏の映像作品制作などアート映像分野での仕事にも携わる。

2012年にはLOSTAGEの五味岳久を所属アート作家としてArt Yardに迎え、天満橋OMMビルにオープさせた新ギャラリー「ART Lab OMM」にて五味岳久の個展をディレクション。同じく天満橋OMMほど近くにオープンさせたアパルトメント風ギャラリー 「ART Lab AGITO」においても、アート作家としても活躍する三木章弘(neco眠る)を個展作家として招き、多くの展覧会に携わっている。

Art Yardの創刊後間もなく特集が組まれたFM802が運営するdigmeout等との交流も深く、音楽とアート・映像分野において幅広い制作をおこなっている。2009年に大阪・なんばに設立したartyard studioでは8ottoの単独アンプラグド・イベントなどを企画。また、カルチャーとしてのアート展覧会に精通しており、アートヤードでおこなわれる展示イベントでも手腕を奮っている。アートヤードのレーベル「Last Arrow」ではアートワーク全般/Music Videoの監督を中心にアーティストのプロモーションツールを制作。マネジメントならびにビジュアル制作面でもアーティストを支援している。

2013年度まで成安造形大学 現代アートコースの非常勤講師としても勤務。
最近では、サザンオールスターズのドキュメント映像の制作チームへの参加や、WHOLE9が描くFM802 RADIO CRAZYメインバナーの制作ディレクション、自衛隊八尾駐屯地の壁画プロジェクト等を担当。

 


事業内容
制作:アートディレクション・デザイン・スチール撮影・映像ディレクション・映像撮影・企画
※音楽:CDジャケット/ミュージックビデオ/アーティスト写真/広報ツール・デザイン制作全般
※企業・個人:広報ツール・デザイン制作全般/スペースディレクション/ビジュアルマネジメント/簡易映像CM
※アート:作家・作品コーディネイト/展覧会企画/作家マネジメント/グッズ制作

スペース運営:難波artyard studio/天満橋ART Lab OMM
※週末イベント・スペースレンタル・撮影スタジオレンタルは各スペースのサイトをご覧下さい。

※「ART Lab AGITO」「ART Lab LOGIQ」は期間限定スペースとして運営。期間満了。

CONTACTのメールフォームからお気軽にお問い合わせ下さい。
制作費は案件によって様々です。予算をあらかじめ設定し、そこから出来る事、出来ない事のお話を進める事で、コストダウンや次に繋がる制作を心掛けております。

※基本的にクライアント様の予算に合わせた制作・ディレクションをおこなっておりますので、予算・内容をご相談しながら制作費を決定致します。
個人で活動されている作家・ミュージシャンの方も一度ご相談下さい。